パトロンプロジェクトは、佐藤美術館(千駄ヶ谷/信濃町)にて開催されます「~現代作家70名が描く、つくる~吾輩の猫展」(会期:2017年11月7日(火)~12月24日(日))に賛同して協力・PRしています。
 「新宿区立漱石山房記念館」の設立を記念した佐藤美術館の「吾輩の猫展」は、将来美術家を目指す美大の学生に奨学援助を長年継続していることを活かして、若手・現存作家70 名に出品を依頼。日本画、油彩、版画、ミクストメディア、立体、彫刻で表現された74点のバリエーションに満ちた猫作品が並ぶというのですから、楽しみです!
 11月18日(土) 17:00~は、佐藤美術館&パトロンプロジェクトコラボでの貸切りギャラリーツアー&ワークショップを予定。「ステンシル版を使って猫を描く」ワークショップでは、作品出展アーティストの金木正子氏、川本淑子氏をお迎えしてみなで制作します。
詳細はこちらをご覧ください⇒
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000028500.html

❖出展作家のみなさん❖
■日本画44
阿部清子、阿部千鶴、池永康晟、伊藤清子、猪熊佳子、岩田壮平、海老洋、及川聡子、奥村美佳 金木正子、亀井三千代、川本淑子、北村さゆり、絹谷香菜子、木下千春、國司華子、幸田史香 越畑喜代美、顧洛水、齋正機、寒河江智果、坂本藍子、菅原さちよ、關加奈子、染谷香理 財田翔悟、武部雅子、田島周吾、忠田愛、中村寿生、西川芳孝、能島浜江、野地美樹子 長谷川雅也、平野俊一、フジイフランソワ、佛淵静子、松崎綾子、松谷千夏子、京都絵美 森山知己、山下まゆみ、山田りえ、王培

■油画16
石黒賢一郎、伊勢田理沙、井原信次、潮田和也、加藤寛史、木原千春、呉亜沙、篠原愛、諏訪敦、中尾直貴、成田朱希、福崎翼、藤原由葵、星美加、牧弘子、本木ひかり

■版画、ミクスドメディア6
岩渕華林、金丸悠児、集治千晶、堤岳彦、永井桃子、朴香淑

■立体4
井原宏蕗、加茂幸子、染矢義之、富田菜摘

#佐藤美術館 #猫展 #吾輩の猫展 #パトロンプロジェクト #patronproject #漱石山房記念館 #漱石 #新宿区 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

パトロンプロジェクトは、パークホテル東京の「ホテルアートフェス」の趣旨に賛同して、後援いたします☆PRに協力すると同時に、パトロンプロジェクトメンバーでアートフェスに参加いたします☆
☆日本最大のホテルアートフェス@パークホテル東京開催決定!
日時:2017年8/5(土)および 8/6(日)15:00-20:00
料金:1日券2,000円(税金込、アートカクテル1杯付き) ※当日ご宿泊のお客様は、入場無料でご見学いただけます(アートカクテルは付きません)
『今年もライブパフォーマンスなどアート企画満載。31Fのアーティストフロア全室開放がすごい!普段見られないアーティストルーム、新しい部屋も増えているので楽しみです!』
開催場所:パークホテル東京
   31F/アーティストフロア(全フロアー)
   26F/プライベートルーム3室、
   25F/アートラウンジ(イベントの一部で使用)
予約先URL: http://hotelartfes2017.peatix.com/  
#パークホテル東京 #アートフェス #パトロンプロジェクト

2017年3月17日☆「アーツ千代田3331アートフェア」にパトロンメンバーで内覧会とオープニングレセプションパーティーに参加☆キュレーター推薦、アートギャラリー推薦、そして他のアートフェアでは出会えないオルタナティブスペースで活動するアーティスト約80組が参加するアートフェア!
パトロンプロジェクト代表 菊池麻衣子は、出展作品を購入することで作家に「プライズ(賞)」をつけるプライズセレクターとして参加。根本裕子さんの「Golden Bird」を購入して「パトロンプロジェクト 菊池麻衣子 賞」 とさせていただきました!粘土を積み上げて焼き、黄金になった鳥!火の鳥のような架空の鳥のユーモラスな魅力とハッピーな引力を感じたからです。
2017年は酉年ですし、大きく羽ばたく機運☆
2年前にプライズとさせていただいた福本 健一郎さん、クラーナハをモチーフにした小津 航さん、テキスタイルアートの安達 大悟さん、キャンバスからはみ出した立体絵画の杉田 陽平さん、SEZON ART GALLERY推薦の畑山 太志さん、ブレークダンスモチーフがクールな小畑多丘さんらなど、これから大注目のアーティストの方々にもお会いできた当たり年(^^♪ #アートフェア #パトロンプロジェクト #patronproject #3331

2017年は、根本裕子さんの「Golden Bird」を購入して「パトロンプロジェクト 菊池麻衣子 賞」 とさせていただきました!
2017年は、根本裕子さんの「Golden Bird」を購入して「パトロンプロジェクト 菊池麻衣子 賞」 とさせていただきました!
2年前にパトロンプロジェクト菊池麻衣子賞とさせていただいた福本 健一郎さんと新作と共に
2年前にパトロンプロジェクト菊池麻衣子賞とさせていただいた福本 健一郎さんと新作と共に

2017年2月2日(木)~7日(火)☆公募展『Art Bridge FAIR』入選作品の展覧会が表参道PROMO-ARTE PROJECT GALLERY (プロモ・アルテ プロジェクトギャラリー)にて開催されました☆

現代アートのオークションマーケットプレイス『Art Bridge』による公募展。年齢、国籍、プロ・アマ問わないオープンな公募展で、20数名が入選&展示。
 パトロンプロジェクト代表・菊池麻衣子が審査員の一人を務めさせていただき、レセプションでは審査員を代表してご挨拶をさせていただきました。⇒ご挨拶内容要約⇒
『画像データを観ての審査でしたので、質感や立体感は想像でおぎなって選ばせていただいたので、ある意味難しかったのですが、一方で、ネットでの作品販売や、artbridgeさんのようなネットオークションがこれから増えてくると考えると、ネットの画像だけで人を惹き付ける作品というのもこれから勝ち残る要素なのではないかと思います。そうはいってもやはり、今日展覧会で実際作品を観て、画像では伝えきれない実物の力の凄さを感じました。
今回のartbridgeさんの試みのように、ネットで人々の興味をつかみ、リアルな展示で本物のアートの力を感じでもらう仕掛けというのはこれからも重要だと思います。』
技法や表現方法が日々進化していることを感じるハイクオリティーな現代アートの集まりを、この機会にぜひご覧になってはいかがでしょうか?!公募展『Art Bridge FAIR』第2弾も企画中とのことですので、楽しみですね(^^♪
公募展『Art Bridge FAIR』詳細はこちらです⇒http://theartistpress.net/blog/20161209/

 

パトロンプロジェクトの新しいロゴができました!アーティストの井澤由花子さん作。
森と水に囲まれたパトロンプロジェクトの「P」がシンボルマークです。アート作品をロゴとしてアートの応援を象徴するパトロンプロジェクトをこれからもよろしくお願いいたします!
Patron project has got a new logo.
#patronproject #artinparkhotel #yukakoizawa

2016年11月18日から☆『ホッとする!一緒に居たいアートたち~菊池麻衣子企画』コレクター推薦作家展シリーズVol.3@耀画廊を開催。初日は、参加アーティスト全員と、たくさんのパトロンメンバーのみなさん、ビシターのみなさんにお集まりいただき、盛大なオープニングとなりましたとても嬉しく感謝しています!

 

開店早々、東京新聞さんに取材いただきました。11月30日まで開催です。
出品作家:井澤由花子、伊藤香奈、内呂博之、門田光雅、鞍掛純一、村上紘一 & 柳田有美 以上7名
期間 2016 年11月18日(金)~30日(水)
休廊日:11月21日(月)28日(月)
住所:〒102-0075 東京都千代田区三番町7-1-105
(朝日三番町プラザ1F)
開廊時間 Open Hours:12:00 - 19:00
TEL:03-5357-1960


9月28日夜、パトロンプロジェクト代表菊池麻衣子より、山梨県甲府市にて山梨大学×文化庁「アートマネジメント連続講座」第1回「アートもPRが大事!~メディアへのアプローチ方法と掲載へのつなげ方」の講義をさせていただきました。
 講座をプロデュースしてくださいました山梨大学の井坂 健一郎教授、都内からお越しいただきましたパトロンメンバーのみなさん、雨の中講義を聴きにいらっしゃった皆さまに感謝いたします。
 私の企業広報室在籍時代8年間の実務経験と、パトロンプロジェクトを立ち上げてアート広報に特化してからの実務経験を合わせて実践的な広報スキルについてお話しさせていただきました。「広告(有料)を出すのではなく、記事として(無料で)掲載してもらう!」というところに特に響いていただいたようで嬉しかったです。講演の模様は山梨日日新聞さんに掲載予定です。
 こらからも、どうぞよろしくお願いいたします!

山梨大学さんのHPにも掲載されました⇒http://www.yamanashi.ac.jp/6857

文化庁×山梨大学「アートマネジメント連続講座」の第1回講師をパトロンプロジェクト代表 菊池麻衣子が担当します☆
「アートもPRが大事!」ということで、菊池の専門である広報の観点からお話しする予定です。

 渾身の作品を展示した素晴らしい展覧会・イベントなのに、早 めのPR(広報)をしていなかったばかりにあまりお客さんに来ていただけずに終わってしまった経験はありませんか?菊池もそのようなもったいない企画を数 多く見てきています。主に、8年間の化粧品会社でのアート広報の経験を元に、実務的なスキル、応用スキルについて「面白く」解説します☆
⇒内容詳細はこちらです⇒甲府なのですが、ご興味ありましたら是非いらっしゃってみてください!⇒

 

 

【平成28年度 文化庁 大学を活用した文化芸術推進事業 山梨大学・北杜市 連携事業『地域に架ける文化の橋』- アートマネジメント連続講座2016 -】
コーディネーター:山梨大学 井坂 健一郎 教授
日時:2016年9月28日(水) (6:30pm〜8:00pm)
会場:山梨県立図書館 多目的ホール
第1回  「アートもPRが大事!~メディアへのアプローチ方法と掲載へのつなげ方」講師:菊池 麻衣子(きくち まいこ)
☆講師プロフィール:パトロンプロジェクト代表、アートライター、美術コレクター、PRSJ認定PRプランナー☆
東京大学文学部卒。一般企業に就職後、イギリスの大学院にてアートマネジメントを勉強。 ギャラリー勤務、化粧品会社広報室勤務を経て2014年にパトロンプロジェクトを設立。 2015年から『美術出版社 bitecho』、『男子専科』などのアートライターとして執筆も手がける。

 

2016年8月5日(金)パトロンプロジェクトにて参加しました☆パークホテル東京(汐留)のアートサマーフェスティバル☆
毎年ゴージャスなホテル空間で開催される、日本最大級のアートフェスティバルです。年々パワーアップする、非日常のアート空間&イベントが fantastic!
 中でも、パークホテル東京名物31階の「アーティストルーム」10数部屋の解放は素晴らしい♪全部で31部屋予定で、新しく完成したお部屋も見応えありました☆宿泊できますので、是非チェックしてみてください~!
http://www.parkhoteltokyo.com/artcolours/aih.html
浴衣ドレッサー賞では、菊池が『総支配人特別賞』を受賞ました(^^♪ 生まれて初めての経験に夢心地!!!
パークホテルのみなさん、ご一緒しましたパトロンメンバーのみなさん、ありがとうございました☆来年も是非参加しましょう!!!

2016年5月10日

3331アートフェア関連イベントのコレクタークロストーク「菊池麻衣子×小松隼也×武内竜一×中村政人」が、活気に満ちた楽しいセッションとなりました。

一緒にトークさせていただきました小松さん、武内さん、ナビゲーションをしていただいた中村さん、ご参加くださったみなさん、ありがとうございました!
アート作品を買うときのひと押しとして、特に現代アートにおいてはアーティストからの言葉や思いを伝えて欲しいというのは、コレクター3人とも共通していました☆日本のアート市場は、世界の1%未満という異様な小ささですが、「みなで大きくしていきましょう。」というところで意気投合。笑いもよく巻き起こるトークでした♪
私達コレクターも、たくさんの方々と一緒にがんばっていきますので、どうぞよろしくお願いします!


2015年9月

『芸術のパトロンたち』の著者でいらっしゃいます高階 秀爾様にサインをいただきました。

『芸術のパトロンたち』は、パトロンプロジェクトを立ち上げる際のバイブルとしていますので、大変光栄です☆

 


左より:渋澤健さん、菊池、前野隆司さん
左より:渋澤健さん、菊池、前野隆司さん

2015年10月25日☆コモンズ投信さんとHappy Day Projectさんが8月に共催した「美と資本主義ツアー」@大地の芸術祭2015の報告会にゲストスピーカーとして参加させていただきました☆
会のテーマは、【美】×【アート】×【地域】×【食】×【幸福】♪
トークのテーマは「美と資本主義を考えるスペシャルトーク」!
コモンズ投信株式会社 取締役会長渋澤健さん、慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科教授前野隆司さん、パトロンプロジェクト菊池でハッピーでアーティス ティック?!なトークを展開しました☆パトロンメンバーのみなさんもたくさんご参加いただき楽しかったです!
前野教授の幸福理論に出てくる「長続きする幸せ」の心的要因全てにパトロンプロジェクトが当てはまっていたので皆で大喜び♪

☆パトロンプロジェクト 

     新企画 スタート☆
~パトロンプロジェクトと不動産会社「みまもルーム(M3R)」さんとのコラボレーション企画!賃貸物件アートルームを継続的に実施~

 

中古物件の空室率増加問題解決の糸口として、アートをお部屋に施すというアイデア!
お部屋のアート制作は、プロのアーティストに依頼します。
アーティストには、部屋全体を自由に制作できるキャンバス/ホワイトキューブをご提供すると同時に、制作費は前払いできっちりとお支払いします。
売れるか分らない作品を、時間と労力をかけて制作しなければならないというリスクを抱える場合も少なくないアーティスト側にとって、制作依頼を受けた時点 で確実に作品代が支払われるという点が安心なプロジェクトでもあります。アートルーム完成の際には、広報や内覧会にも力を入れ、アーティストの知名度やブ ランドの向上の一助になることを目指します。
第一弾は、若手抽象画家門田光雅氏制作のアートルーム!明大前の築40年木造1ルームが1点もののアートルームに変身しました。
2015年7月5日(日)にオープン。
今後のアートルームもお楽しみに!


2015年3月23日

アーツ千代田3331『コレクターズプライズ展』関連トークイベントレクチャー

「これからのアートを支えていく様々な関わり方」を開催。

来場者との熱いクロストークを展開!
登壇者:
菊池麻衣子(パトロンプロジェクト代表)

東出菜代(オフィス・ド・アッシュ代表)

近藤威志(HATCH代表)



3人の関わり方も三者三様ですし、その活動に対する、アーティスト側、応援側の
意見も賛否両論様々で興味深い展開となりました。
「これからのアートを支えていく様々なタイプ」の活動が生まれ、より多くの方々が、
自分に合った形で参加していくようになるといいなと私は思います。
満員御礼でありがとうございました!


「3331 Art Fair 2015 ‒Various Collectors' Prizes‒」@アーツ千代田3331!

『パトロンプロジェクト

菊池麻衣子賞』は、

福本健一郎さんへ!


◆福本健一郎さんプロフィール

2014 東京芸術大学大学院 美術研究科 油画 修了

2014年にアートアワードトーキョー丸の内にて今村有策賞受賞

「絵画をメインにドローイングや彫刻、陶芸といった多様なメディアを用いながら自然と人の根源的な関わり合いや生きる喜びを表現している」

期待の若手アーティストです。




☆パトロンプロジェクトプレゼント企画☆
今年10月29日にリニューアルオープンしました「新宿中村屋ビル」3Fの中村屋サロン美術館招待チケットプレゼント企画です!

 

パトロンプロジェクト会員 の方、新規会員お申し込みの方、先着10組20名様☆チケットは、2015年2月15日までの「開館記念特別展」で有効です。

【お問い合わせ先】patronproject@yahoo.co.jp

7月1日から、パトロンプロジェクト会員のお申し込み受付をスタートしました!

【パトロン会員になると】
1.レギュラー企画
  パトロンプロジェクト協力展覧会とレセプション、会員限定企画へのご招待。
  展覧会企画に合わせたイベントは月1回ほど。
  (例)貸しきりのレストラン、カフェなどで、展覧会に出展しているアーティスト達と
     交流。ランチ、お茶、ディナーなど予定。※参加費がかかるものもあります。
     作品を持ち込んでの解説や、様々な飾り方のご提案。
2.スペシャル企画
  (例1)アーティストと美術館訪問。美術館の作品をアーティストと一緒に鑑賞し、
    作家の目線での鑑賞を体験。
  (例2)アーティストのアトリエ訪問&アトリエにしかないお宝アート探し。
    なかなか訪問する機会のない現代アーティストのアトリエを訪問。
    制作風景を見たり、制作秘話を聞いたり。アトリエでしか見ることができない
    作品を会員スペシャル価格で手に入れる機会。
3.その他サービス
  (例1)アーティストから直接、時間をとって作品説明を受けることができる。※要相談
  (例2)作品をオーダーメイドすることができる。※要相談
  (例3)購入作品に関して、作家自ら額装や飾り方のアドバイス。飾りつけ(可能な場合)も
      ご相談に応じて。
☆ご購入の際、パトロン会員特典がありますので、スタッフにお伝えください。
※上記はあくまで予定ですので、状況に応じて変更がありえますことをご了承ください。

【年会費】10,000円 ※入会した月から1年間有効

【お問い合わせ先】patronproject@yahoo.co.jp

入会ご希望の方には、メールへのお返事に申し込み用紙を添付してお送りいたします。

 

2017年

1月

24日

同時代を生きるアーティスト達のポートレートアーカイブ!作品とともにアーティストのオーラをとらえる!アーティストポートレート専門フォト☆Photo by Maiko Kikuchi

展示会場のウォーホル(森村氏の分身)と一緒にMoriP100 Project第一弾の作品(商品)であるMorilloボックスを手にもって撮影に応じてくれた森村泰昌氏。
展示会場のウォーホル(森村氏の分身)と一緒にMoriP100 Project第一弾の作品(商品)であるMorilloボックスを手にもって撮影に応じてくれた森村泰昌氏。

アーティストポートレート 5.

美術家 森村泰昌

2017年2月10日[金]〜3月13日[月]

MoriP100 森村泰昌・屋

場所:パラボリカ・ビス

http://www.yaso-peyotl.com/archives/2017/02/morip100.html

  モナリザなど名画に登場する人物や、マリリン・モンローなど往年の名女優などに扮して自らを撮影した「自画像的作品」を制作し続けている世界的アーティスト森村泰昌氏。1985年にゴッホの自画像に扮するセルフポートレイト写真を制作して以来、今日に至るまで一貫して「自画像的作品」をテーマに作品を作り続ける。

 

通常は、森村氏が扮装して自らが写真家として「自画像的作品」を撮影するが、今回は、森村氏と森村氏の分身アンディ・ウォーホルを菊池麻衣子によりアーティストポートレートとして撮影させていただき、アートになっていただいた。

 

続きを読む