☆ パトロンプロジェクト 賃貸物件アートルーム スタート☆

 人口減少による空室率が増大する昨今、一般的な仕様の中古物件は長期間の空室状
態に悩まされることになります。その突破口の1つとして、「アートルーム」という試みをス
タートしてみました。壁・床・天井を、アーティストがインスピレーション赴くままに制作した
世界で1点のアートに住むというコンセプトです。

 一方、アーティストには、部屋全体を自由に制作できるキャンバス/ホワイトキューブを
ご提供すると同時に制作依頼ということで作品代をお支払いいたします。
広報や内覧会にも力を入れ、アーティストの知名度やブランドの向上の一助になることを
目指します。今後様々な物件で継続していく予定です。

 アートルーム第一弾は京王井の頭線明大前のAirbnb(エアビーアンドビー)にて実施しました。世界中からの旅行者達に、日本を感じながらオリジナルアートルームに滞在し、一味違う充実した時間を過ごしていただきたいという企画です。2015年7月5日オープン当日から宿泊予約が相次いで入り、人気の物件となっています。

アートルームの壁に作品を描く門田氏
アートルームの壁に作品を描く門田氏
お部屋の随所に門田氏の作品が!
お部屋の随所に門田氏の作品が!

上記のAirbnb情報詳細

⇒https://www.airbnb.jp/rooms/6996412?s=KNxw

☆アート関連のお問い合わせ先:パトロンプロジェクト:patronproject@yahoo.co.jp

☆大家さんからのお問い合わせ先:みまもルーム(M3R)

   http://www.mimamo-room.com/company.html

 

2016年4月6日

神奈川新聞 くらし面 にて川上和歌子さんが手がけた賃貸マンションアートルームの記事を掲載いただきました。

アートルームとは、賃貸物件にアートを直接施すことで付加価値をつけ、話題を作り、空室を解消するという試みです。
アーティストには、部屋全体を自由に制作できるキャンバス/展示の場をご提供すると同時に、大家さんによるアートリフォーム費用がアートルームを制作する アーティストの資金として事前に支払われるという点で制作活動の応援にもなるというシステム                        です。

2015年8月10日

日本経済新聞夕刊 文化面 にて古い賃貸物件にアートを施して付加価値をつけるアートルームの試みに関する記事を掲載いただきました。

☆2015年7月16日付けの東京新聞でも、アートルームの試みが大きく取り上げられました。

アーティストルームを手がけるアーティスト

 門田光雅

画 家。1980年静岡県生まれ。2001年東京造形大学絵画専攻卒。形体に拘束されない自由さと葛藤への関心があり、そこから生まれる今日の絵画表現を素材 性と身体性の中で追求している。2007年「ART TODAY」セゾン現代美術館(長野)、「第 26 回損保 ジャパン美術財団選抜奨励展」損保ジャパン東郷青児美術館(東京)、2011年「VOCA展」上野の森美術館(東京) など個展・グループ展多数。2008年、第23回ホルベインスカラシップ奨学生、2015年、TURNER AMBASSADORS PROGRAM。
2015年5月中旬よりセゾン現代美術館ミュージアムショップ(横浜インターコンチネンタルホテル内)での個展と、6月下旬に名古屋のギャラリーヴァルールにて個展。

HP:http://www.mitsumasakadota.com

 川上和歌子

1969年 大阪府生まれ
1992年 武蔵野美術大学短期大学部専攻科美術専攻修了1995年より発表を始める。
1999年「BABY MILK SHAKE」銀座3画廊個展同時開催
2000年「Morphe2000亜細亜遺伝子」アニヴェルセル表参道、「CHARAMIX.com 文化庁メディア芸術祭企画展」恵比寿ガーデンプレイス
2001年「亜細亜散歩-CUTE-」水戸芸術館
2013年「新宿クリエイターズ・フェスタ2013 都市のユーモア展(北川フラム監修)」新宿野村ビル等、個展、グループ展多数。

頭のない「ひとがた」、自分を模した表情のないおかっぱの人形、作家等身大に巨大化したインコなど、布をつかったインスタレーションを展開。
                               HP:http://www015.upp.so-net.ne.jp/wakako/


井澤由花子

2005年 多摩美術大学 絵画学科 油画専攻 卒業 デザイナーとして主にテレビ番 組のタイトルロゴデザイン、CG、グラフィックデザインなどの仕事をする。2009年 アーティスト、デザイナー、イラストレーターとして独立。国内外で 個展・グループ展多数開催。2014年 損保ジャパン美術賞展「FACE2014」に選出される

主に生と生前の世界、水をテーマにした作品を展開中。2012年からは、胎児の視点で、お腹にいる子供自身が見ている世界が、出来ていく、変わっていく感覚もテーマに加わる。

HP:http://izawayukako.web.fc2.com/

荒木愛

1984年 神奈川県生まれ
2010年 多摩美術大学美術学部絵画学科

      日本画専攻卒業
2012年 東京藝術大学大学院

             (中島千波研究室)修了

2010年 「財団法人佐藤国際文化育英財団佐藤美術館第20期奨学生」、2012年 「東京デザイナーズウィーク 伊藤若冲感性インスパイア作品展国際コンペティション」入選、2014年アートフェア東京出展など、活躍の女性日本画家。

                                        日本の伝統的な技法を駆使しながら、作品には                               現代的な色彩感覚やエレメントに溢れている所が

                           魅力。近年は、愛らしい鳥を描いた作品も多い。

                                        HP:http://www.aispy-art.com/


yminem

東京都生まれ。画家。

2010年 三杉レンジ氏 師事

2011年 『かんたん!つけるだけ!オリジナルヘッドアクセサリー』挿絵イラスト(マーブルトロン出版)    

被災地・心の支援『千人仏プロジェクト』木炭画

(岩手県大船渡市内仮設住宅)    

2012年 TOKYO DESIGNERS WEEK2012『YOUNG ARTISTS JAPAN VOL.5』展示(明治神宮外苑絵画館前)

『POCORART展』作品部門入選 展示(Arts Chiyoda 3331)    

                         yminem Exhibition 『cell of mind』(三越前/ZEN茶’fe gallery)  

2013年 TOKYO DESINERS WEEK2013 『TDW ART FAIR』展示(明治神宮外苑前絵画館前)

2014年 「千人仏プロジェクト展」展示(四ツ谷CCAAギャラリー) Roppngi Art night

      TDW ART2014(明治神宮絵画館前) 

      創作表現者展(scot hall gallery 早稲田)

      日仏現代国際美術展2015本選 入選 展示(東京都美術館 上野)

油彩、パステルを主に表現するアーティスト。 都内での展示やアートBARイベント、アートワークショップで活動中。 アートをツールに人と触れあえることに喜びを感じて、世界の様々なジャンルのアーティストとコラボレーションをしている。

ブログ:http://yminemart.exblog.jp/
yminem氏作品
yminem氏作品
yminem氏作品
yminem氏作品

村上紘一
1976年 熊本県生まれ。

2000年 多摩美術大学絵画学科油画専攻卒業。
主にアクリル絵具を使用し、画面上での色彩構成と日常の物語を交錯させることによって
独自の絵画空間づくりに取り組む。
2007年 「第16回青木繁記念大賞展」優秀賞

            (11’入選)

2010年 「第28回上野の森美術館大賞展」賞候補
            (13’入選)

2011年 「シェル美術賞2011」入選

2012年 「第7回はるひ絵画トリエンナーレ」入選


                        2013~2015年 「FACE展損保ジャパン美術賞」3年連続入選。
                        その他個展、グループ展多数。
                         HP:http://www.koichimurakami.com/


2017年

1月

24日

同時代を生きるアーティスト達のポートレートアーカイブ!作品とともにアーティストのオーラをとらえる!アーティストポートレート専門フォト☆Photo by Maiko Kikuchi

展示会場のウォーホル(森村氏の分身)と一緒にMoriP100 Project第一弾の作品(商品)であるMorilloボックスを手にもって撮影に応じてくれた森村泰昌氏。
展示会場のウォーホル(森村氏の分身)と一緒にMoriP100 Project第一弾の作品(商品)であるMorilloボックスを手にもって撮影に応じてくれた森村泰昌氏。

アーティストポートレート 5.

美術家 森村泰昌

2017年2月10日[金]〜3月13日[月]

MoriP100 森村泰昌・屋

場所:パラボリカ・ビス

http://www.yaso-peyotl.com/archives/2017/02/morip100.html

  モナリザなど名画に登場する人物や、マリリン・モンローなど往年の名女優などに扮して自らを撮影した「自画像的作品」を制作し続けている世界的アーティスト森村泰昌氏。1985年にゴッホの自画像に扮するセルフポートレイト写真を制作して以来、今日に至るまで一貫して「自画像的作品」をテーマに作品を作り続ける。

 

通常は、森村氏が扮装して自らが写真家として「自画像的作品」を撮影するが、今回は、森村氏と森村氏の分身アンディ・ウォーホルを菊池麻衣子によりアーティストポートレートとして撮影させていただき、アートになっていただいた。

 

続きを読む